サロンユーザー調査 2017年度版 ハイライト

1.サロン利用状況
  • 17年についてみると、「3〜4ヶ月に1回位」が43.0%と最も高い。次いで「2ヶ月に1回位」(39.2%)となっている。年代別にみると、10代〜30代では「3〜4ヶ月に1回位」が高年層に比べ高い。60代では「月に1回」が28.9%と利用頻度が高い。
  • 時系列でみて、16年から大きな変化はみられない。
  • 17年についてみると、最近1年間の平均利用回数は5.9回。具体的回数では「3〜4回」が43.1%と最も高い。年代別にみると、10代〜30代では「3〜4回」が5〜6割を占めている。一方60代では「3〜4回」は26.2%に留まり、「11〜12回」が16.0%となっている。
  • 時系列でみて、16年から大きな変化はみられない。
>戻る
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのヘアカラー利用者は54.0%。年代別にみると10代の利用率が33.0%と他の年代に比べ低くなっている。一方50代の最近1年間のサロンでのヘアカラー利用率は59.5%と高い。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのウェーブパーマ利用者は13.5%。年代別でみると、10代の利用率が7.0%と他の年代に比べ低い。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのストレートパーマ/縮毛矯正利用者は13.6%。年代別にみると、10代〜20代が2割弱で他の年代に比べ高い。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのトリートメント利用者は33.4%。年代別にみると、20代〜30代の利用率が4割台と高い。一方で、50代〜60代の利用率は低くなっている。
  • 17年についてみると、最近1年間のヘッドスパ(有料)の利用率は16.5%。年代別でみると、10代の利用率は7.0%と他の年代に比べ低い。一方、30代では24.2%と高い。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのメイクの利用率は2.5%。年代別でみると、20代の利用率が6.2%と他の年代に比べ高め。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのネイルの利用率は2.0%。年代別でみると、20代の利用率が4.0%と他の年代に比べ若干ではあるが高め。
  • 17年についてみると、最近1年間のサロンでのエステ(フェイシャル・ボディ)の利用率は2.0%。
  • 17年についてみると、最近1年間サロンでのまつげエクステ(アイラッシュ)の利用率は2.2%。年代別でみると20代の利用率が5.2%で他の年代に比べ高め。一方60代では利用者はほとんどみられない。

  • ヘアカラーは最近1年間利用者における平均利用回数は5.3回。年代別にみると、60代では6.6回となっており、高年層ほど平均利用回数が高い。
  • ウェーブパーマは最近1年間利用者における平均利用回数は2.7回。年代別にみると、60代では3.5回となっており、カット・ヘアカラー同様、高年層ほど平均利用回数が高い。
  • ストレートパーマ/縮毛矯正利用者は最近1年間利用者における平均利用回数は2.1回。
  • トリートメント(有料)は最近1年間利用者における平均利用回数は4.1回。年代別にみると、10代の平均回数が2.9回と他の年代に比べ低い。一方、60代は平均用回数が4.9回と高い。
  • ヘッドスパ(有料)は利用者における平均利用回数は3.0回。
>戻る
2.サロン利用スタイル
  • 17年についてみると、「いつも同じ店と決めている」が76.2%を占め、複数店舗の利用率は23.8%。年代別にみると、若年層で複数店舗利用率が高く、10代では4割を超える。一方60代では「いつも同じお店と決めている」が83.9%と他の年代に比べて高くなっている。
  • 17年についてみると、複数店舗の利用理由は、「自分にあったお店が見つからないので」「施術で行く店を使い分けているので」が高い。
  • 同一店舗の利用理由は「自分のことを分かってくれているので/説明する必要がないので」が最も高い。次いで「利用しやすい場所にあるので」となっている。
  • いずれも時系列でみて、16年から大きな変化はみられない。
>戻る
3.最近利用したサロンについて
  • 17年についてみると「家の近所にあるので」が56.5%でトップ。次いで、「リーズナブルな料金」(43.3%)となっている。年代別でみると、「インターネット計」は10代〜30代で高く、50代〜60代で低くなっている。60代は「家の近所にあるので」「お店の前を通りがかって」が他の年代に比べ高い。
  • 合計を時系列でみて、16年から大きな変化はみられない。
>戻る
  • 17年についてみると、「カット」が94.4%。「ヘアカラー」が43.0%。「シャンプー」が25.4%。「トリートメント(有料)」「パーマ」が1割台となっている。「ヘッドスパ(有料)」は5.7%。「メイク」「ネイル」「エステ(フェイシャル・ボディ)」「まつげエクステ(アイラッシュ)」の利用はほとんどみられない。
  • 年代別にみると、20代〜30代では「トリートメント(有料)」、50代では「ヘアカラー」が高くなっている。
  • 時系列でみると、10代の「ヘアカラー」「ブロー」、20代の「トリートメント(有料)」がアップしている。
  • 17年の平均利用総額は7,198円。具体的金額では「3,000円台」「4,000円台」「11,000〜15,000円台」が1割台。年代別にみると、20〜50代は平均7,000円台。一方、10代で平均金額が5,632円と他の年代に比べ低い。
>戻る
4.サロンCSについて
  • 17年についてみると、「ヘアケア」「ヘアスタイリング・ヘアアレンジ」についてのアドバイスを求める意見が7割台となっている。年代別でみると、10代〜30代で全般的に反応が高く、60代で低い傾向がみられる。
>戻る
  • 17年についてみると、「ゆっくり過ごしたい派」が58.1%と「手早く済ませたい派」(41.9%)を上回った。年代別にみると、10代〜30代では「ゆっくり過ごしたい派」が他の年代に比べ高い。一方60代では「手早く済ませたい派」が「ゆっくり過ごしたい派」を上回っている。
  • 時系列でみると、16年から大きな変化はみられない。
>戻る

  • 17年についてみると、最近1年間の美容師からのヘアスタイル変更で、「提案があった」と回答したのは20.0%。年代別でみると、60代では15.6%と低い。
  • 17年についてみると、ヘアスタイル変更の提案を受けて、「変更をした」のは83.3%と、多くが提案を受け入れている傾向がみられる。年代別でみると、10代は提案の受け入れは他の年代に比べ低め。ただし、7割以上は提案を受け入れている。
  • 17年についてみると、ヘアスタイル変更提案に「(とても+やや)満足」と回答したのは91.5%で、非常に高い評価を得ている。年代別にみても、いずれも9割前後で高くなっている。
  • 17年についてみると、今後の美容師からのヘアスタイル変更提案について、「(とても+やや)提案して欲しい」と回答したのは42.3%。年代別にみると、10代〜20代で「提案して欲しい計」が5割弱で他の年代に比べ高い。一方、60代では35.0%に留まっている。
>戻る